応募要項

アンケートにご記入いただき poko@minoli-do.com まで送信ください。
お顔立ちと全身の体型のわかるシンプルでわかり易い写真を、最低2枚、添付お願いいたします。

アンケート

● お名前 :
● 連絡先 : 電話番号 or LINE ID or メールアドレス
● 年齢 :
● 身長 :
● 体重 :
● 居住地域 :
● 簡単な経歴 :
● 応募動機 :
● 自分の長所 :
● 自分の短所 :
● 自己PR :
● 写真の発表を望みますか?: はい/いいえ/内容による
● ヌードの撮影は可能ですか?: はい/いいえ/内容による
● どのような写真が良いか希望があれば教えてください :
● トウキョウMINOLI堂をどこで知りましたか? :
● 応募条件を満たしていますか?: はい/いいえ

《応募条件》 18歳以上で「肖像権の扱い」「撮影の対価」(下記参照)にご同意頂ける方

【肖像権の扱い】
撮影物はPoko/Tokyo MINOLI-doの作品として、ご記入、ご署名頂きました肖像権使用許諾書に準じて使用させて頂きます。
【撮影の対価】
個人利用(SNSのプロフィール画像や宣材など)に限り、また二次利用(独自に販売など)しないことを条件に、仕上がりました写真を対価としてご提供いたします。

応募から撮影、その後の流れ

 
下記テンプレートより応募

応募頂いた方で、メール審査を通りました方に返信させて頂きます

面談、あるいは電話にて、どんな写真を撮影するか等、相談いたします

撮影

撮影の後、撮影内容に問題がなければ肖像権の使用許諾書にサインを頂きます

肖像権使用許諾書にのっとり、撮影物確認など

発表

撮影にかかる費用など

 
基本的に無料です。
 
ありのままのモデルさんを商業的でない雰囲気で撮影したいので、メイクや衣装は自前でお願いしています。
 
撮影に掛かる経費も、交通費などはご負担して頂きますが、基本的にこちらがお支払いしています。
 
地方などへ遠征した際は「遠くから来てくれたので」とご飯代を出して下さったり、出して下さった車の燃料代などを負担して下さるモデルさんもいらっしゃって、その際は甘えさせて頂いていますが、当然義務ではありません。
 
一緒に作品を作りますが、ご相談の上、写真をMINOLI堂の財産として運用させて頂く可能性がありますので、その分を鑑みて基本無料、経費はこちら負担で撮影を行なっております。


肖像権の使用許諾に関しまして

 
この応募要項には、何度も「肖像権」という言葉が出てきます。
 
「肖像権」というのは、日本ではまだ法的に明確な記述がありません。
 
プライバシー権のひとつとされていますが、非常に曖昧なものです。
 
肖像権がもっと明確な権利であったなら、路上でキスする芸能人が「スクープ写真」として盗撮され勝手に発表されることも無くなると思いますが、現状では撮影した人間の「著作権」や「表現の自由」の方が優先されている状況です。
 
ただ、僕としては当然、モデルの方も納得の上に作品を作り発表して行ければと願っています。
 
僕が肖像権の使用許諾書にサインを貰うようになった切っ掛けは、撮影した後や発表した後に「彼氏にやめろって言われたのでなかったことにして貰えますか?」とか「やっぱり友達に知られたくないので消して欲しいです」とか「実は芸能事務所に秘密でお願いしていたのですがバレちゃったので削除してください」などという申し出が頻発したからです。
 
僕は可能な限り揉めたくないので、その度に、泣く泣く作品を諦めたり消したりして来ました。
 
写真家として情熱を込めて撮った写真を、そうした理由で闇に葬られていくのは、いつも身を切られるような心地がしました。
 
そうした思いをもうしたくないので、一緒に作品を作る上で、最低限の覚悟を共有して欲しいと願い、肖像権使用許諾書にサインをして頂くようにしています。
 
特にヌードなどは、時にその後の人生の障害になる可能性もあるかと思いますので、塾考の上で判断頂けばと思います。
 
どうか、ご理解いただければと思います。


著作権と肖像権の関係

 
著作権
・撮影者であるPokoが100%保持 → 使用は「表現の自由」で守られている
 
肖像権
・モデルが100%保持 → 「プライバシー権」としてプライバシーの侵害から守られている
 
モデルが持っている肖像権を著作者であるPokoが使用を許してもらう為の書類が「肖像権使用許諾書」です。
 

 
肖像権使用許諾書のダウンロードはこちらから
MODEL RELEASE.pdf